2010年、イギリスにいた彼にコンタクトを取った事から始まった取り組み LILY1ST VINTAGE(リリーファーストヴィンテージ)。
彼との出会いがきっかけで漠然としていた物が形になった瞬間でした。
貴重な物、珍しい物だから良いという価値観ではなく 現代の洋服と並べてもフラットに選ぶ事のできる価値観とバランスを保っていく。
洋服を作るブランドではなく『洋服を選ぶ』ブランド。
それがLILY1ST VINTAGEです。