モード過ぎず、カジュアル過ぎない 男性っぽくもなく
女性っぽくもない ギラギラしている訳でもなく、フワフワしている訳でもない。
色々な要素があるようでない。 しかし発想を変えればその全てが含まれる
間のような存在。 それは狙って出来る事ではないと思っています。
彼の表現する洋服は、様々な洋服と合わせても違和感がなく
妙な安心感を与えてくれます。 それがun/unbient(アン)です。

おすすめ商品