創業者のアフガニスタン出身のブランド名にもなっている”Omar Afridi(オマール アフリディ)” そのデザイナーを務めるのが日本人の2人。
初めは切手くらいの小さな写真を見た。生地と黒いボタンしかほとんど写っておらず全貌はわからなかったけど、すごく気になり、パリへ。
アーティステックでシンプル。コンセプトがしっかりしていて、オリジナリティーがあり
着ると細部の良さを誰かに、伝えたくなる。とてもファジーで魅力的なブランドです。
曖昧というか...固定されず受け取り側が判断してそれぞれの要素に例えれると思います。
1度、袖を通してみてください。きっとありのままの自分で着れる服だと思います。
  • <
  • 1
  • >